中判カメラってどんなのがあるの?

中判カメラと35mmカメラとの違いはわかったけれども、どんなカメラがあるの?
ということで、中古カメラ屋さんでまごつかないためにも、代表的な中判カメラについて、紹介していきます!

 

二眼レフカメラ
まず「中判カメラ」と聞いて思い浮かべるのがこのような二眼レフカメラではないでしょうか。
とにかくかわいいので、個人的には女子に持ってほしいカメラNo.1です。撮影用にジャンク品を買おうかと思ったくらいです。


(撮影:HasselBlad 500C/M)

見ての通りレンズが上下に二つありますが、下が撮るレンズ、上が見るレンズです。箱の上部にファインダーがあり、上から覗く形でカメラを構えます。
レンズは付け替えられず、固定。フォーマットも固定で、6×6のみ。そのシンプルさも、女性向きかなと個人的には思います。

シャッター音が特徴的で、「パチリ」というささやかな音がするだけ。撮ったかどうか気づかれないほどなので、スナップに向いていると思います。
また、一眼よりも柔らかな写りのためポートレートにも適していると一般的には言われています。(シャッター音についても、撮られるのが恥ずかしい!という人には、これくらいさりげない音のほうが優しいのかも)

代表的な二眼レフカメラと言えば、やはりローライフレックス。すべての二眼レフの源流となった憧れのカメラです。
見た目の美しさとドイツ製の高級レンズから、私の中では中判カメラ界の「女王」のイメージです。国内外で人気の写真家、川内倫子さんが使っています。

代表的な二眼レフ
・ローライフレックス
・ローライコード
・オートコード
・ヤシカフレックス
などなど。

(などなど、とまとめてしまって、二眼レフユーザーさんからは怒られてしまうかもしれませんが…)

こちらはローライコードで撮った写真です。ハッセルを買うか悩んでいたら「6x6フォーマットが自分にとって心地よいかどうかを体験してみては」と友人が貸してくれました。
ローライフレックスの廉価版と思われがちなコードですが、写りは全く問題ないと思います。むしろ機能がシンプルな分 軽くて持ち運び安いので、二眼レフ入門編としておすすめできるカメラです。


Rollei Code Vb  + Xenar 3.5/75

 

一眼レフカメラ
二眼レフ同様、ウェストレベルファインダー(腰で構えて上からのぞいて撮るタイプ)もありますが、35mmカメラが大きくなったような形のもの、レンジファインダー、ジャバラタイプ、など、いろいろあります。

レンズを取り換えることが可能なので二眼レフより自由度が高いです。(故に壊れやすい、レンズ沼にはまる危険性などもささやかれますが・・・)
また、カメラによってはフィルムマガジン(フィルムを装着する部品)を交換できるので、撮影中も6×6と6×4.5などのフォーマットを入れ替えたり、ISOやモノクロ/カラーなどフィルムを変えたりして撮影することも可能です。


撮影:PENTAX 67
(Photo by ササキタカヒロ)

 

一眼レフについてはそれぞれが個性的すぎて代表的なカメラをひとくくりにできないので、周りで使っている人が多いカメラを少しずつご紹介します。
と思いましたが、思ったより長くなってしまったのでまた次回の更新で!

 

コメントを残す

CAPTCHA